千葉市幕張の造形教室のブログ

夏休みも目と鼻の先!! 皆さんはもう計画はたてられたのですか?
上センは展覧会の準備をスムーズに進めるためにも、まずは自宅の整理整頓を5月頃から少しずつはじめました。今度の掃除はいつもの掃除と違って、根本解決につながるよう、必要なものが必要な時にすぐ出る方法、そして片付けることが習性化出来るようシンプルな仕組みにしました。
掃除は苦手で、一生苦手なままで過ごしていくのかとうんざりしながら生きてきた私ですが、今回は息子が「お掃除コンシェルジュ」役を果たしてくれました。
整理整頓を中心にして、仕事の効率化にも、生活のしやすさにも、心のありかたにもつながるすばらしい改革が進められそうな気がしてきました。
息子にハッパをかけられて私もがんばって片づけしていますが、我が家の場合は整理整頓が終わるまでに1年位かかりそうです。相当重症ですから。でも、キレイになったら皆さんをお呼びして迎える私が苦にならないように、そして皆が気持ちよく笑顔でつどえる場をつくりたいと思います。

6月の作品を終えて
○シルクスクリーン(ジャンル=版画)
元の作品となる版下ができたところで、全員感光をしました。感光ボックスは一度に作品を1点だけ入れて、12分かけて感光させます。感光液を塗って下から強い光を当てるのです。白いところは光と薬剤が反応し、黒くぬったところは反応せずに残るので、感光後に水で洗い流すと黒い部分だけ版が抜けます。そこにインクを詰めてスキージで力をこめて一枚ずつ刷ります。今回は、どんなものにも刷れるタイプのインクを使いました。皆、刷り終わるまでドキドキでしたね。刷っていくうちに力の入れ具合も解ってきたようです。そうそう何でも経験が大事!! ログでいろいろな経験をいっぱいしよう! インクはいろいろな色があります。試し刷りは黒で刷りましたが、本番は自分の好みの色で刷ります。
resize0077.jpg
○革のミニバッグ/キーホルダー(ジャンル=クラフト)
空き時間は革でミニBAGやキーホルダーを作りました。手縫いを教える予定でしたが、合間にやるので全員には伝えられませんでした。また、次回に!
resize0075.jpg   resize0079.jpg   resize0078.jpg
resize0081.jpg   resize0080.jpg   resize0086.jpg
resize0087.jpg   resize0085.jpg   resize0089.jpg
resize0084.jpg   resize0088.jpg   P1040745.jpg
7月の作品予定
○シルクスクリーン(ジャンル=絵画)
本番の材料に(クラスごとに違います)刷ります。月1は6月に終了しています。
本番の材料に刷ったものにさらに手を加え完成にもっていきましょう。
壷阪ゆうま   20140626164216.jpg   河内ゆりな
りんねちゃん りょうすけ(月1土) 藤原しおね 田原まさひろ
○革のBAG(ジャンル=クラフト)
いよいよ革のBAGに入っていきます。お店でいろいろ見て、こんなのを作りたいとかいろいろ希望があるかと思いますが、茶道の「守、破、離」という教えのように、まずは基本をきちんと学ばないとその先でちゃんとしたものが作れません。今の実力でできる正しいやり方を、やれる範囲の中で全力でやって、すてきな作品をつくりましょう。
上センは、尊敬するBAG職人のK師匠のところに通いだして今年で3年目を迎えましたが、やればやるほど、一人前になるにはまだまだということを痛感します。今回皆さんに技術を伝えるときも、私のわからないところはK師匠に教えて頂いて、正しい技術を伝えていきたいと思います。

      ログ・アトリエ 上田 洋子(上セン)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック