千葉市幕張の造形教室のブログ

2月!

2月!梅のつぼみがふくらんできています。豆まきと恵方巻きの丸かじりやバレンタインデーも楽しみですね。寒さは厳しいけれど、今月をのりこえたら、もうすぐ春です。この寒さ、もう少しのしんぼうよ!!……なんて、寒いの苦手なのは上センだけ? 皆さんはへっちゃらかな。受験生の方は、寒さの上に緊張もクライマックスでしょうか。気合入れてあと少しがんばって下さい。
受験生に限らずですが、病気にならないよう気をつけたいですね。病気にならないコツは? なんといっても冷えが大敵。上センは体が冷えたらすぐにお風呂に入って体をあたためます。週2回ほど東京に勉強に出ていますが、一日中がんばった帰り道、体が冷えすぎてツライ!!と思ったら、銭湯にとびこんでいるのです。東京都の銭湯は熱くてはじめはびっくりしましたが、帰りの電車の中で汗ばむぐらいあったまります。朝から夕方の5時まで勉強して、肩こりもパンパンですが、銭湯に行けばリラックスもできて一石二鳥です。しかも仲良しおばあちゃんとおしゃべりがはずみます。おばあちゃんがイロイロな話をしてくれて、それも楽しみのひとつです。あとは、しょうが汁とカボス汁と黒糖のシロップを飲んでいます。アスリート家族というブランドのドリンクで、体がポワーッと熱くなります。ビタミンCたっぷりなのもなんか体にいい感じ?!他に、週2~3日は体を動かし、少しずつですが運動しています。ダンスは始めてからもう14年たちました。軽いストレッチも良いですね。忙しい時ほど、運動しないと体がつづきません。身体を動かすことは質のよい睡眠にもつながりますね。よく寝て、しっかり食べて、運動と学びのメリハリですかねー。わかっているんですが…私も時折脱線します。
皆さんはどんな風邪対策をしているのかな?受験生の皆さん、身体に気をつけ、短時間に集中して質のよい勉強をして下さい。ガンバレ!受験のない皆さんも元気に冬を乗り切りましょう。

1月の作品を終えて

新年の墨絵(ジャンル=絵画)
茶道をはじめとする日本の伝統にいう「守破離」の守、それは、最初に基本をきちんと身につけることです。1月は日本画の中の水墨画のテクニックを学びました。幼稚園児の生徒さんでも三墨法を理解して制作につなげられることはうれしい限りです。水墨画は書道にも似ていますね。勢いも必要、とめることも必要、はねる事も必要。墨のコントロール、濃淡を分けた墨、調墨も理解しなくてはいけません。渇筆で松の葉も描いてみました。にじみ効果を計算して描くたらし込みも取り入れました。三墨法、渇筆、たらし込み、全て水墨画の基礎テクニックです。最後に色紙に描いて、けしごむハンコに印泥をつけて押しました。どこに印を押すかもバランスを考えます。墨の黒と印泥の朱とがよくマッチしましたね。印泥の朱は赤が濃いのです。画面を印泥や墨や手あかで汚さないように完成させるのは、ちょっとでも気をゆるめていたら決してできないことです。書道も絵も音楽も踊りも、まず最初は、心を落ち着かせるところからスタートです。落ち着いて気を入れ、集中したら全てうまくいきます。うまくいくこと以外は考えてはいけません!! ログはいかに短時間で皆さんが上達するか工夫した授業を行っています。さらに日々修練を積んで、上達してくださいね。
河内ゆり奈-水墨 鈴木まなちゃん 吉田こうせい-水墨 金曜日墨絵-1 山口裕雅(月2土)水墨 20140124175856-1.jpg 20140124180418.jpg 出口そよこ 山前りょうすけ-水墨2 山崎こうせいくん 八嶋りか 内山かなと-水墨2      田村りせ-水墨 小長ゆうき-水墨      sumi1.jpg 石井みさき-水墨-1 sumi3.jpg 20140123172348-5.jpg 本田はるき-水墨-1 sumi5.jpg さえちゃん(木) 20140122180420.jpg

2月の作品予定

お菓子アート(ジャンル=お菓子)
1月がとても学びの色の強い絵画でしたので、2月はリラックスしますよ。皆さんの大好きな授業、お菓子アートです。1月にスタッフ全員がパティシエールの伊藤真理子先生から研修を受けました。そこで身につけたものを、皆さんにログ流にお伝えします。きっと喜んでいただけることまちがいなし!月1クラスもお菓子を予定しています。皆さんの喜んだ笑顔が早くみたいワ。
P1040084.jpg
※使用菓子アレルギーについて
レッスンで使用するお菓子は下記食品を含みます。小麦・卵・牛乳・大豆 また、同じ製造工程でバナナを含んだ食品を扱っておりますアレルギーのある方はご注意願います。


自分のロゴを作ろう(ジャンル=デザイン)
レギュラークラスの残り2回は、デザインをします。「自分のロゴ」をつくってみましょう。ロゴをつくると、何かと便利。プロのデザイナーに頼むと大変な金額になります。みなさんは自分で作ってみましょう。じっくりデザインを学んでいきます。ログにはデザイン系の講師が3人いますので、ちゃんとした版下用のロゴ作品になるようお手伝いいたします。

ログ・アトリエ 上田洋子

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック