千葉市幕張の造形教室のブログ

10月

10月の声を聞く頃になって、やっと涼しくなりました。空にはいわし雲が広がり、爽やかな空気に包まれて、肌が気持ちいいですね。なにしろ9月下旬まで残暑がずっと居座っていましたから、秋らしい気候がほんとうに待ち遠しかった!
さて、11月の展覧会を前にログ・アトリエは毎日フル回転です。展覧会準備は今月末までが勝負! 教室には多くの画材が溢れています。作品も色どりが加わり、あと少しといったところです。おかげさまで、ほとんど全員に近い生徒さんに出展のお申し込みを頂きました。保護者のみなさまの御支援、ご協力に心より感謝申し上げます。展覧会のために揃えた新しい画材や道具が加わり、これからログ・アトリエはますますおもしろくなっていきそうです。「革、いいなぁ~」「ガラスやってみたいなぁ~」「石膏版画ステキだなぁ~」「陶芸も魅力的だなぁ~」という皆様の声に応えて、これからのレッスンに幅が広がっていくことでしょう。


9月の作品を終えて
クラスの曜日ごとに素材を変えて陶芸、木工、彫金、ガラス、革、レジン(樹脂)、銅版画、チョークアート、石膏版画、墨絵などで箱を個性的に装飾しました。その後ボタンを制作し、箱の中にボタンを収めて作品を完成させます。まさにオリジナルの宝箱になりそうネ!!


月曜クラスは墨と陶芸。このクラスのBOXは、上センが尊敬するお茶の師匠、表千家の三間朝子先生にご協力いただいて、お茶事につかう木炭を底に敷きました。みなさんの為に先生が大切な炭をたくさん洗い、BOXに収まるよう切って下さいました。

火曜クラスは金属をテーマにしています。ミニサイズの銅板を作ったりワイヤーを入れたり。BOXの装飾は、素敵な柄のマスキングテープをいっぱい使いました。金属とテープが意外にもとてもマッチしました。

水曜クラスは細長いBOXを使い、ガラスのボタンを制作しています。フュージングという、ガラスを高温で溶かして焼き付ける技法を用います。とんぼ玉は作品にしませんが全員体験しました。

木曜クラスは革での制作。色や厚さや質感の違ういろいろな革を用意し、革にスタンプを押したり、質の良いゴード革を使い、お花をつくったり、色とりどりの革を紙のように自在に切ってコラージュしたり、多彩な使い方をしました

金曜クラスも革が中心ですが、活発な男の子が多いことを考慮して(態度は悪いが作品はイイ、と上センがよく言っているクラスです 笑)、ハトメやたがねをあしらうなど、ハードなメタリックな要素をプラスした作品にしています。

土曜クラスは石がテーマ。BOXの装飾には石膏版画をとりいれ、BOXの中には石のボタンを収めます。実用的ではありませんが、アート作品として鑑賞して下さい。

月1クラス、ベイタウンクラス、月2土曜日クラスなどは、レジン(樹脂)や木を使ったりチョークアートを取り入れたりと、バラエティー豊かです。木は、北海道旭川から木材をハワイからコアの木を送ってもらっています。

どのクラスも、元気よくがんばっています。どんな風になるか全部は予測できなくて心配な気持ちもありますが、夢を抱いてみんなと頑張れば、必ず素敵な展覧会になると信じています。だって、これだけ多くの方々のご協力を得て、みなさんと力を合わせて進んできたのですから、素敵になるはずです。
展覧会まであと少し。10月もスタッフ一同、気を抜かずにがんばります。
みんなでいい展覧会にしましょうね!!
resize1434.jpg resize1443.jpg resize1478.jpg
resize1479.jpg resize1520.jpg resize1440.jpg resize1447.jpg resize1518.jpg

10月の作品予定
10月は展覧会作品の最終調整です。作品を見直して、足したり、引いたり、変化を加えたり。頂上はすぐそこです。がんばっていきましょう。目標めざしてがんばり、ドキドキしながら難しいことを乗り越えて進むという経験は、自信につながっていくと思います。他の人の作品を見るのもよい勉強になります。たくさんの発想を展覧会で見て、自分の"引き出し"に加えてくれたらいいなと思います。みんな、いろいろなことを考え、知ってほしいと願う上センです。みんなぶつかってきてくれてありがとう!みんな、みんな、ありがとう!フラワーアレンジ生徒さんも協力出展してくれます。

今月の振替教室 
只今、振替日や通常のレギュラークラスに振り替えが困難になって
きていますので、振り替えは以下のクラスで受け付けます。
振り替えの振り替えは致しませんので、ご了承下さい。

10月24日(水)4:00~5:30
10月29日(月)4:00~5:30

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック