千葉市幕張の造形教室のブログ

展覧会も終わり、ふっと気が付くとツバメたちの姿が目にとまりました。ログの教室にも連日のようにツバメがやってきて大騒ぎでした。
昔はツバメが家に巣を作ると縁起が良いといって歓迎されたようですが、今は都市化が進んだうえ、フンを嫌がって巣を落としたり、巣が作れないようにブロックする人もいるので、ツバメたちは巣作りの場所を求めて必死な様子。年々ツバメが子育てできる環境が減って、かわいそうだなと思います。ツバメは害虫も採って食べてくれる益鳥です。なんとか工夫して巣を作れる場所を確保してあげたいところです。せっせと巣を作り、産卵してヒナを育て、子供が巣立つまで数ヵ月。ツバメたちとは、南へ渡っていく秋までのお付き合いですね。虫が多くなるこれからの時期、ツバメのお陰で私たちもとても助かっています!
人間の子育ては、育児に16年くらい? 学校を出て社会人になるまで援助するとなると、とても長いです。わが家の場合は、過ぎてみればあっという間でした。忙しい忙しいといっていろんなことを中途半端にしながら時を過ごしてしまうと、後悔します。何をそんなに忙しがっているのでしょう? 2年や3年程度学んで一人前になれるものなんかありません。子供の頃から本当に好きでずっとやり続けられるものに、どうぞ磨きをかけて下さい。焦らずにひとつひとつじっくりと時間をかけ、ずーっと続けてプロといえる位に成長してもらいたいと私は願っています。

5月の作品を終えて
○風景画模写(ジャンル=絵画)
土曜・日曜担当講師で現在藝大の助手をしているかたわら、ログが大好きでお手伝いをして
くれている岩谷先生のチョイスした画家の作品を模写しましたが
人気№1 ホックニーの傘の絵
   2 ルソーの「紅鶴」
   3 ゴッホの「アルルの跳ね橋」
   4 速水御舟の「京の家・奈良の家」
   5 パウル・クレーの「針葉樹のある夢の風景」でした。
模写は形も色も真似て描くのですから、見たものを間違いなく写し取る描写力が求められます。鋭い観察力はデッサン力にもつながります。上手になりたいと頑張っている生徒さんは年々実力が上がってきています。
色の塗り方は、基礎的なことは教えましたので、あとは皆さんが心して何事にもチャレンジすると上達していくと思います。模写の授業は、私が美術高校や美大にいた時にもよくありました。ログの西川先生、岩谷先生のクラスでもやっています。本気で取り組めば、とても力のつく授業です。ただ、模写だけだと生徒さんは飽きてしまうので、終わったら上センの革クラフト、又はリクエストでお菓子をしました。
終了したらログのコンテストを予定していますよ。
20160521111423_00001.jpg   20160521135817_00001.jpg   20160530175909_00001.jpg   20160530175909_00002.jpg   安藤ちかこ   金山田しいな   金澤田けんすけ   木りゅうふうもん   木小山ももか   木外川なつめ
月1クラスは遅くなりましたが、シュガークラフトをしました。皆さんに喜んでいただけたようなので、又、伊藤先生にお願いしますね。

6月の作品予定
○風景画模写(ジャンル=絵画)
5月からやっている模写のレッスンをあと1回やって、作品をしっかり完成させることにしました。早く終えた生徒さんは、クラフトを1回、そして、絵の描き方が上達するためのポイントになる基礎を学びます。

○革のベルトを作る(ジャンル=クラフト)
このレッスンでは、カシメと抜きを完璧に覚えていただきたいと思います。そのうえで、新しくハトメの付け方を学びます。
お父さんのベルトはブレスレットに変更になりました。それともお母さんのベルト?自分のおしゃれベルトかな?月1クラスは革での小作品アクセサリーを制作します。

おしらせ

時間がとれる夏休みはもっともっとログで色々なことをしたい人のために盛りだくさんの企画を考えていますので、参加してみてはいかがですか?
(近日、HP上で夏休みの講座をご案内いたします。)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック