千葉市幕張の造形教室のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ログ・クロック展情報はこちら春爛漫の4月になりました。上を見れば青い空、白い雲、木々の新芽の萌黄色が輝き、下を見れば淡いピンクにイエローにブルー、色とりどりの花が咲き誇ります。気温も優しく身体を包んでくれます。人にたとえるならまるで生まれたての赤ちゃんのようですね。優しくふわふわした季節で、心がウキウキします。
さて、ログ・アトリエでは展覧会を1か月後に控え、制作が大詰めを迎えています。山登りにたとえるなら七合目、あと少しです。でも、そのあと少しがなかなか大変で、実は一番苦しいところでもあります。なぜなら、考えるからです。どうしたら機能性をそこなわずに独創的な時計が作れるかを考えると、難しいのです。上センも一緒に考えていますが、パソコンが熱くなると ウィーンウィーンとうなるように、頭がキューンとなります。考えると頭ってキューンとなりますね。そして(ついでに)おなかもすいてしまいますね。
でも、悩み考えた先には完成の喜びが待っています。今、ログはみんな作品作りに夢中です。スタッフたちも、皆さんの作品についつい見入って感動しています。子供ならではの作品。子供から青年になりかかる頃の作品。人生のその時期にしか生まれない作品は、その人の歴史の証言者、人生の大事な1ページです。さぁ、2016年5月。皆さん!! 今の自分を発表してみましょう。一生の思い出にもなりますね。制作者全員に、会期中に芳葉の特製ミニラーメンをごちそうしますよ。上センも早く食べたいな。


3月の作品を終えて
○展覧会制作時計 ジャンル:絵画・デザイン・クラフト
○つまみかんざしのシュガーデコレーション ジャンル:お菓子
クラスごとに制作内容が違うため、進行もまちまちです。20年くらい前に、海浜幕張のセイコー電子工業(現・セイコーインスツル)のビル内に会場をお借りして「アートな時計展」を開催し、あわせてドイツのピアニスト、マルクス・グローさんを招いてミニコンサートを開いたことがあります。その時の作品は置時計が多かったのですが、今回は掛け時計が中心です。作品とムーブメントの間隔、文字盤と針のバランスを考えて制作しています。時計といえばセイコーというくらいセイコーのムーブメントは有名ですが、今回の作品には出来る限り電波時計を使います。ただし、厚みの関係上使えない方もいますので、ご了承ください。
DSC_2046.jpg   P1100175.jpg   DSC_2053.jpg   DSC_2055.jpg   P1100327.jpg

4月の作品予定
○展覧会制作時計 ジャンル:絵画・デザイン・クラフト
引き続き頑張っていきましょう。最後にムーブメントを取り付けます。
月1金としひろ制作      P1100512.jpg
5月の作品予定
○風景画 ジャンル:絵画
つまみかんざしのシュガーデコレーション ジャンル:お菓子
風景画の基本をお伝えします。月1クラスも、レギュラークラスが3月にしたつまみかんざしのシュガーデコレーションお菓子をやります。日本伝統工芸のつまみ細工は江戸中期にかんざしにつけるための装飾として作られたものです。その技法をお菓子にも取り入れました。

ログ・アトリエ 上田洋子(上セン)

ログ・クロック展はこちらから

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。