千葉市幕張の造形教室のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月3日にログ・アトリエ30周記念パーティーを幕張のホテルニューオータニのシェルハウスで開催いたしました。正確には今年は32周年になりますが、30年以上もログが続いたお祝いを一回はしたいと思いつつ日々が経ってしまいました。最初は、ほんの軽い気持ちで開催しようと思っていました。でも、蓋を開けてみたら、30周年の間に私と関わった方々が、まさかこれほど多く足を運んでくださるとは! とてもうれしく、ありがたいことだと感激しました。ログは、夫の転勤で今の幕張に来る前、まず東京の荻窪、次は大阪の北千里で教室を開いていました。その時の生徒さんのお母様も来て下さったのです。その生徒さんは今、40代です。そして幕張の生徒さんたちも、もう30代。現在の生徒さんの保護者の方たち、近隣の皆さま、お世話になっている歯医者さんのドクター中川、私とお付き合いのあるボディーフィールのスポーツトレーナー。私の心に残っている皆さまが、たくさんこのお祝いに来て下さったことは、本当にありがたいと思っています。スタッフも都合がつく限りでほぼ全員参加、一緒に祝いました。皆さんの心のこもった演出のおかげで、本当にこんな楽しい幸せなパーティーはないと思ったくらいでした。これほど幸せな時を味わえたのは皆さんのおかげ、スタッフたちとがんばって汗をかいた分、乾杯の飲み物もおいしかったと自負しております。これからもログのスタッフとともに、方法はそれぞれ違っても、夢はひとつ、光の方向は同じ、で進んで参ります。生徒さんたちの大切な時間をかけがえのないものにするため、心をこめて楽しくすごせる場をつくり、私共も勉強し、生徒さんにいろいろなことをお伝えしていきたいと思います。教室で教えていると、こちらが生徒さんから教えられることがたくさんあります。一緒に成長していきたいと思います。その先にはきっと素敵な達成感が待っていることでしょう。

9月の作品を終えて
○ミニミニがまぐち(ジャンル=クラフト)
大きながまぐちと全く同じ方法で、ミニがまぐちを作りました。小さながまぐちで作り方をマスターすれば、徐々にバージョンアップして大きながまぐちを作れるようになります。まずは型紙を作ります。型紙というのは試行錯誤してたどりついた「おおもと」なので、とても大切です。洋服を作るのにも型紙がいります。家を建てるのにも型紙こと設計図がいります。お料理だったらレシピのようなものです。レギュラークラスはその作り方を学びました。月1クラスはコピーを使いました。それから自分の好みの革を選び、それに似合う布を選び、型紙通りに切りましたね。革を切るハサミと布を切るハサミは違います。道具の使い分けや扱い方を学びました。ゴムのりの使い方も簡単ではありません。薄く全体にのばすテクニックを学びました。そんなひとつひとつの積み重ねで、作品ができます。
技術を身につけセンスを発揮すれば、それだけ素適な作品が完成します。すべてに磨きをかけなければ、出来上がったものは光りません。日々の努力ですね。ログで楽しく身につけていきましょう。
resize0197.jpg   resize0200.jpg   resize0201.jpg   resize0202.jpg   resize0203.jpg   resize0204.jpg
○木炭デッサン(ジャンル=絵画)
木炭は明暗の調子を表現するには素早く描けて便利です。紙は木炭専用の木炭紙を使います。シャープに描く部分は木炭では表現が難しいため、鉛筆等で付け足して描いてみました。事前に構図の勉強もしました。9月中には仕上がらないので、10月にかけて描いていきます。
resize0212.jpg
resize0214.jpg   resize0211.jpg
10月の作品予定
○親子教室(ジャンル=お菓子)
親子教室をするようになって20年以上たちますが、お父さん、おじいちゃま、おばあちゃまの参加が増えて大変うれしいです。いつも親子教室でお会いする方たちは第二の家族みたいで、親戚が増えた気分になります。この機会に、私共の至らぬ点をご指摘いただいたり、叱咤激励を賜ったりできればありがたく存じます。
今回の親子教室はハロウィンにちなんで何か面白いものをと伊藤真理子先生に早いうちからお願いしていただけに、とってもかわいいハロウィーン気分満載のお菓子です。見た途端に、「かわいい!!」とテンションが上がってしまいました。ちゃんと作れるか不安? 心配はいりません。見本通りにならなくてもOK! あなただけのハロウィーンのお菓子を作ってください。当日は、いつもの教室ではなくログ・ルームが会場ですので、お間違えのないようにおいでください。
P1090988.jpg
○木炭デッサン(ジャンル=絵画)
親子教室以外の日には、木炭デッサンの続きをします。木炭はそのままではこすると落ちてしまうため、絵が出来上がったら、こすっても大丈夫にするための木炭専用フィクサチーフ(定着剤)をかけて完成です。消しゴムの代わりに食パンを使用します。木炭は一般的に柳の木を焼いたもので出来ています。
resize0210.jpg

        ログ・アトリエ代表 上田洋子(上セン)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。