千葉市幕張の造形教室のブログ

時の流れは本当に早い!

時の流れは本当に早い! 2015年の最終月となりました。あちこちでクリスマスイルミネーションがキラキラ輝いています。2015年という年はもう2度とこないと思うと、やり残したことを12月に押し込んで、がんばって全部やりきってしまいたいと意気込むのです。心のどこかで「もうトシだからあまり無理をしてはいけないよ!」という声が聞こえるかと思えば、一方では「いやいやこれしき、体力だってまだあるし絶対がんばれる!」という気持ちも湧いてきます。どっちが良いかわかりませんが、日々できることを精一杯やって、夜は燃え尽きて倒れるように寝る私です。そんな私が結局最後に思うのは「ああ、今日もめちゃくちゃ楽しかった!! 感謝!!」ということです。今回は、そんな楽しかった日々のひとコマのお話をしたいと思います。先日、ログのすぐご近所の田川肉店(ログの作品を飾って下さっているお店)の長女、中台みかちゃんがホテルニューオータニで盛大な結婚式を挙げ、この私が主賓挨拶のお役目を務めてまいりました。中台家とログは長いお付き合いです。はじめにログに入会したのは、みかちゃんのお兄ちゃんのはじめくんでした。次にみかちゃんが小学校2年生の頃入会し、その後、妹のゆうみちゃん、弟のだいすけ君も入会してくれました。やがて成人したはじめくんが結婚して、今ははじめ君の家の6歳と4歳のお嬢さんが通ってきてくれています。さらには、そのお嬢さんたちのおばあちゃま(はじめくんたちのお母さま)である田川肉店の奥様も油絵クラスに在籍。もう25年近くのお付き合いで、お子様たちの成長を共にみさせていただきました。こんなに幸せなことはありません。人生にとって何が宝なのか、人それぞれに違うでしょうが、私にとっては、親子・家族・友人といった人間同士のお付き合いの中で感じるふれあいこそが最大の宝です。お金では絶対買えないものですよね。これからも、ログでの皆様とのご縁を大切に、めいっぱい楽しくがんばっていきたいと思います。
resize0447.jpg

11月の作品を終えて
○絵画の基本・静物画[ジャンル:絵画]
静物画を描きました。使用画材としてアクリル絵の具200色、色鉛筆250色、下地塗りのジェッソ、マーカー、オイルパステル、ハードパステルを用意して制作し、筆はホルべインを使用しました。画材の質と色数はログのこだわりです。
モチーフは教えず、バック(背景)から塗ってもらいました。たいがいはモチーフを描いてからバックを決めます。でもその逆があっても面白いと思います。ただしこの描き方ではモチーフよりバックが強く主張してきてしまいますので、そこの良さを残しながらバックをおさえこむことも学びました。構図もコピー機がありますので、下地のコピーに練習をしたり、モチーフのデッサンコピーを切っていくらでも構成しなおしたり、大きくしたり小さくしたりして、レイアウトをとことん考えたうえで、これと決めた形で制作することができました。
最後に色ですが、例えばリンゴを描くにしても丸く立体感があるようにみせる方法や、奥行きの表しかた等のテクニックをわかりやすく伝えました。
絵も音楽と一緒で、一本調子では面白くありません。リンゴの絵を赤く丸く塗るだけでは、ただの切り紙の赤丸と同じです。筆選びやタッチやグラデーション、色数を入れることによってリンゴがぐーんとすてきになります。
resize0455.jpg   resize0456.jpg   resize0450.jpg   resize0452.jpg   resize0449.jpg   resize0438.jpg   resize0448.jpg   resize0420.jpg
resize0435.jpg   resize0444.jpg   resize0454.jpg   resize0432.jpg   resize0419.jpg   resize0418.jpg

12月の作品予定
○冬のアイスキャンドル[ジャンル:クラフト・デザイン]
ロウと氷をつかってキャンドルを作ります。凍てつく冬をイメージしたクールなキャンドルになります。淡い水色と白だけで仕上げていくと、まるで氷のかけらのように仕上がりますよ。このキャンドル作りには、皆さんが持って来て下さった牛乳パックを使います。全2回。月1クラスは時間を延長して1回で仕上げます。
resize0446.jpg

                  ログ・アトリエ代表 上田洋子(上セン)

つづきを表示