千葉市幕張の造形教室のブログ

12月ですね。

早~い!!もう2013年も今月で終わってしまいますね。まるで砂時計の砂が最後にストーンと落ちるような早さです。忙しさに忙殺されず、残り1か月の今年を大切にし、充実した時間をすごしたいものです。
さて、11月にはログ・アトリエの火曜・水曜にボランティアでお手伝いしてくれている久美さんのお誕生日がありました。久美さんはアートパソコンと銅版画を意欲的に習い、ログのお掃除だけでなく、皆さんがログで使っているお座布団やカーテンを作ったり、ビルのまわりの草むしりをしたりと、みんなが気持よく過ごせるよう環境を整えて下さっているのです。お裁縫がとても上手で、私が革の勉強をはじめた時にはミシンの使い方を特訓して下さいました。いわば私の洋裁の先生です。いつも笑顔で、いつも労を惜しまずお手伝いして下さる久美さんは本当に素敵な方です。そんな久美さんのお誕生日。76歳になったそうです。おめでとうございます!!ほんの短時間ですが、その日ログにいたみんなでお祝いして、小さなケーキをひと口ずついただきました。ケーキはとても甘く、この上なくおいしかったです。私も久美さんのようなあたたかい人になりたいなと思いました。久美さん、これからも、私やみんなのお手本でいてくださいね。
くみさんのコピー
11月の作品を終えて
「実りの秋!作品」(ジャンル=絵画)
先月はコラージュ用の素材を作ってきたので、今月は画面の構成に入りました。素材をよく見て、よいところを形にして使いました。バック処理をしたところも大変美しかったりおもしろかったりしました。それぞれに特徴があり味がある素材を眺めていると、どこにどんなコラージュをしたらよいかイメージがわいてきます。創作は想像する力がモノをいいますね。イメージする力は日々のいろいろな経験からうまれてくるものだと思います。だからこそ、子供時代にはたくさんの経験をしながら豊かに日々を過ごしてほしいなぁと上センは願っていますよ。
201311281.jpg hina.jpg june.jpg jyunnko.jpg miano.jpg kensuke.jpg minori.jpg
コラージュとは……
絵画の技法の1つで、フランス語の「糊付け」を意味する言葉からきています。普通に「絵を描く」のではなく、多種多様な素材を切ったり貼ったりして組み合わせることで造形作品を作り出す技法です。

「親子教室」(ジャンル=クラフト)
今年の親子教室は、レザークラフトのなかでも「ホックを付ける」技術を使える作品を作りたいと考え、革のブレスレットにしました。革の切り方も、包丁のとぎ方(荒砥、赤砥、仕上げ砥)も、勉強しましたね。革に関する技術を少しづつ子供たちに本格的に伝えていきたいと思います。親子教室は、今年も多くの方にご参加いただきました。7割近くの親御さんやおじいちゃんおばあちゃん、又お友達も来て下さいました。ありがとうございます!!保護者の方たちと私共スタッフがふだんよりもゆっくりと時間を共有できたのはとても有意義だったと思います。保護者のみなさまと親睦が深まった気がして、とても嬉しいです。今後も恒例でやっていきますので、次回もぜひご期待下さいませ。
resize2000.jpg resize1980.jpg resize1992.jpg resize1971.jpg resize2005.jpg resize2008.jpg resize2011.jpg
12月の作品予定
「実りの秋!作品」(ジャンル=絵画)
いよいよ完成です。構成したものを貼りつけてコラージュ
に仕上げていきます。全5回を費やしての作品。時間をかけてよく工夫された作品は見応えがありますね。大切な思いのこもったこのコラージュ作品、今回もご希望のある方は額装を承っております(別紙でご案内いたします)。

「キャンドル作り」(ジャンル=クラフト)
皆様のご家庭でのクリスマスをより素敵に過ごしていただきたいなーと思い、キャンドルを予定しています。火をともした時にほんのりやさしいいろどりが生まれ、幸せな気分に包まれるキャンドルです。月1回クラスもキャンドルを予定しています。
131130_111527.jpg


ログ・アトリエ 上田洋子(上セン)