千葉市幕張の造形教室のブログ

夏休み

夏休み、皆さんは楽しい思い出をつくれましたか?
オリンピック観戦に甲子園、プールに行ったり山に海に旅行したりと盛りだくさんで、きっとたくさんの思い出が作れたことでしょうね。
ハイ、今年の夏、酷暑の中、上センはヘトヘトになる位、遊ばず勉強に励みましたよ。
私の中では、旅行に行くより新たな勉強をする事の方が楽しくて楽しくてしかたありませんでした。新しいことが身につき、それが良い気分転換になり、さらに勉強したことを皆さんに伝えていけるのですから、一石三鳥です。
そんなわけで、この夏はレザークラフトについていっきに学びました。お裁縫も、ログにお手伝いに来て下さっている久美子さんの所に通って特訓を受けました。
何事も集中力とヤル気があれば1つ1つクリアしていけるのだと思います。最初はなかなかうまくできなくても、ある程度続けていって、ひとつ山を越えたらその先はどんどん進みます。その山を越えるまでがんばれるかどうかがカギだと思います。千里の山もまずは一歩から。この心得は、すべてにあてはまりますね。
さらには家の整理整頓を徹底的にがんばりました。これで気分もすっきりした所でGO!。

さて、8月からは展覧会へ向けた制作に入っています。展覧会の作品作りも、何もないところからスタートして、たくさんの時間をかけ、いろいろなアイディアを生かし、さまざまな技術を駆使して、ひとつの形に完成させます。山あり谷ありの道を乗り越えて、素敵な作品にしましょう。
一人ひとりの力を結集させてすばらしい展覧会を創り上げられるよう、皆さまのご参加とご協力をよろしくお願い致します。一人ひとりみんな違う、一人ひとりみんなおもしろい、一人ひとりみんなががんばった展覧会が目標です。みんなで心を込めて発表しましょう。2年ぶりの展覧会。私もスタッフも、皆さんが力を発揮できるよう全力を尽くします!!

8月の作品を終えて

〇展覧会制作(ジャンル=展覧会制作)
展覧会作品のための箱づくりをしました。木片を組み合わせて箱にする作業です。ドライバーを使ったり、キリを使ったり、ドリルを使ったり、どうやってちょうつがいをとりつけるのかなど、道具の上手な使い方を学びました。ふだんは出来上がったものしか目にしない品物、ありふれすぎていて見落としてしまうものを自分で作ってみる、そのために道具の使い方をひとつずつ学ぶ――これは、よりすばらしい制作をすることにつながります。道具を大切にすることも大事ですね。自分でやってみてはじめてわかる"なるほど!"をいっぱい見つけていきましょう。いろいろな知恵がわいてくることでしょう。月1回クラスの方たちは出来上がっている箱を使用し、下地剤をぬって作品のイメージを考えました。(授業の関係で、月1回クラスでも箱作りから入っていただいた方もいます)。
9-9.jpg 9-1.jpg 9-3.jpg

9月の作品予定

〇展覧会制作(ジャンル=展覧会制作)
次は、箱を飾りましょう。クラスの曜日ごとに素材を変えて陶芸、木工、彫金、ガラス、革、レジン(樹脂)、銅版画、チョークアート、石膏版画、墨絵などで箱を個性的に装飾していきます。その後ボタンを制作し、箱の中にボタンを収めて作品を完成させます。まさにオリジナルの宝箱になりそうネ!!
9-4.jpg 9-6.jpg 9-2.jpg 9-5.jpg 9-7.jpg P1110770.jpg



〇大人造形クラス一日体験募集
体験費\3,500(材料費込み)

9/26(水)10:00-12:00
「スクラップブッキング」
~ミニBOOKをつくろう~
講師:高澤美智子
場所:ログ・アトリエ
ステキなペーパーを使って、大切な写真を残すためのミニブックを作ります。親しい方へのプレゼントにも最適です。
スクラップブックのコピー
10/24(水)10:00-12:00
「HAPPYハロウィンクッキー」
講師:伊藤真理子
場所:ログ・ルーム
ハロウィンらしいかわいいクッキーを作ります。
※ハンドタオル、エプロン、持ち帰り袋をご用意下さい。
ダウンロード

                 ログ・アトリエ 上田洋子(上セン)