千葉市幕張の造形教室のブログ

5月1日~3日、

5月1日~3日、ログ・アトリエの20回目の展覧会「Flower展」を開催することができました。皆さんの素晴らしい作品とセンスの良い額装,いっぱいのお花で変身したアトリエ。おかげさまで展覧会は大成功。多くの方々に見に来ていただき、出展者並びにご家族、ご友人、OB、OG、近隣の方々などなど、たくさんの来場者の笑顔を見せて頂いたことは、私どもにとってもこのうえない喜びでした。こんなに素敵な展覧会が出来ましたのも、ひとえにご父兄の皆様の支えがあってのことです。お子様にとって、展覧会への出展は、自分の作品をたくさんの人に見てもらえるだけでなく、お友達のつくった多種多様な作品を見ることもできて、普段のレッスンだけでは得られない経験になり、自信と飛躍に繋がります。毎回出展するごとに、成長の足跡を記すことにもなります。今後とも、生徒さんの成長のお手伝いができるように、ログ・アトリエスタッフ一同全力で頑張って参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

resize0057.jpg resize0062.jpg resize0058.jpg
resize0044.jpg resize0040.jpg resize0039.jpg resize0042.jpg


4月の作品を終えて
今回は全クラスで展覧会用作品の制作をしました。クラスごとの生徒さんの雰囲気や個性に合わせて、違う画材を使ってみました。月曜クラスは、自分で描いた絵やコラージュした作品を布に転写した、テキスタイル風作品が中心でした。火曜クラスは、描いたものの上にステンドグラスを貼り付けました。水曜クラスは木目を活かしながらボードに木片や銅板を切り貼りしたりフェルトボールをつけてみたりと、ちょっとぬくもりのある作品となりました。木曜クラスは、立体作品。ワイヤーと木を組み合わせたオブジェに、彫金技法を使ったアクセサリーを添えました。金曜クラスは銅版画に手彩色です。マットにも制作表現を広げて、描いたりコラージュしたりと工夫しました。土曜クラスは特製キャンバスにアクリル絵具での制作。小さな作品はキャンバスを2枚組み合わせるなどして、絵画ながらデザイン性の高い、おしゃれな作品となりました。その他、穴あきボードに毛糸を張り巡らせた作品など、多彩な手法を使った生徒さんもいます。ベイタウンクラスの生徒さんたちは初めての出展でしたが、パネル額装に夢いっぱい!初出展本当にお見事!よくがんばりましたネ。西川塾クラスは子供クラスから育った生徒さんも多いのですが、デッサン力の向上が目に見え、そこに多様な画材をプラスして、面白く仕上げていました。どの作品も、展覧会では個々の個性がステキに輝いていましたよ。


5月の予定
上田センセイは実は展覧会後で身体はヘトヘトですが、心はとっても元気です。みなさんの作品から元気をいっぱいもらえたから!みんなの笑顔もビタミン剤だわ。ありがとう。だからどんどん色々ないい事を思いついてしまったよ。1回目 「ヘンテコ人間」 木片にヘンテコ人間を描きながら、色の塗り方、筆の扱いなど、基本をおさらいします。2回目・3回目 初夏に近づいてきましたので、さわやかなガラスとシルバーを使ってのログ・アトリエならではのアクセサリー作りをします。月一クラスはどちらかをします。
20090516114658577.jpg


6月の予定
過日、西川講師の個展に行って参りました。色彩が画面にしっくりと美しく溶け込み、無駄のないしっかりした美しい線には、男性画家らしい力強さが感じられました。今回は、色彩とちゃめっ気も作品の中に入っていて、面白かったです。いつもの「西川君」とは一味違う、画家・西川芳孝の側面が見られた瞬間でした。そこで、ログでも西川先生からA4パネルの水張り方法と日本画技法を学び、子供流にアレンジして作品にしようと考えました。また、雨の日が来たら楽しくなる雨傘のペイントも考えています。