千葉市幕張の造形教室のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん! 春になりました! 上センも待ち望んでいた春が来ましたよ!!   
1月に体調を崩して水の底に沈んだ分、3月には浮力がついて、すごい勢いで飛び上っています。元気でやる気満々です。
皆さんに多くのことを伝えたくて、うずうずしています。
春はあたりの色彩も豊富になってきますね。外に出て色彩をいっぱい仕入れて来ましょう。空気もやさしく、頬に当たる陽も風も爽やかですね。

2月の作品を終えて
〇ドーナツキャンドル(ジャンル:クラフト)
ドーナツキャンドルはみんな大成功でしたね。熱いうちに急いで成型。冷め具合のタイミングを見るのが難しいキャンドル作りでした。キャンドルの融点は60度ですが、今回、成型のほとんどの過程は70度くらいの温度で作っています。キャンドルの材料は直火で加熱しすぎて400度を超えると発火してしまいます! レッスンの時、ログのスタッフは火傷をしないよう注意しながら慎重に温度管理をしています。だから、絶対にお家で安易にキャンドル作りはしないで下さいね。
〇なべつかみ ソーイング(ジャンル:クラフト)
初めての本格的なソーイングのレッスンです。このところソーイング熱がこうじていろいろ勉強した上センは、皆さんに「なべつかみで学ぶソーイング」をお伝えしました。シンガーの103職業用ミシンも全員がちゃんと使えました。幼児もです! 革用のミシンは、足ペダルの感覚を確かめながら縫いました。ロックミシンは車のアクセルみたいでしたね。ブルルル~~! スゴイ音です。皆でペダルを踏んでみました。しつけも学びました。ソーイングは紙工作の材料を布に替えたようなもの。すご~く楽しいですね。男の子も、そのうち簡単に自分に合ったサイズのTシャツを作れるようになるかも!型紙のことも板についてきましたね。

3月の作品予定

アクリル絵の具を中心に使って静物画を描きます。構図の取り方、筆の使い方、水分量について学びながら〇〇ボードに描いてみましょう。仕上げはパステルで調子を付けるも良し、色鉛筆で描き足すのも良し。ログ・アトリエの豊富な画材を駆使して、春いっぱい色いっぱい素敵な静物画の制作です。全3回かけて行います。月1クラスはサイズの違う作品を作ります。

                       ログ・アトリエ 上田洋子(上セン)


おしらせ
元気 第1弾! 潮干狩り
5月28日にみんなで潮干狩りに行きましょう。海で絵を描き、そして貝を堀りも…採った貝はお家でボンゴレ? 蒸し焼き? 貝のお汁? スケッチ授業としますので、詳しくは後日のお知らせをお楽しみに! 上センは子供の頃、潮干狩りの遠足で嬉し過ぎて興奮して前の晩に一睡もできず、当日苦しい思いをしたことがあります。大人になってからログのみんなと潮干狩りをするのは、そのリベンジかもしれません(笑)。ログでは過去にも何度か行っていましたが、今回は10年ぶり!久しぶりの遠足です。
(別途バス代・貝堀り代・保険費用が必要です。詳しくは後日お知らせいたします。)

スポンサーサイト

2月。まだまだ寒い日が続いていて、冬が苦手な上センはどれだけ寒さに耐えていることか!! トホホ…。でも、子供は風の子! 子供クラスの皆さんは元気いっぱいでうらやましいです。上センは昨年、子供クラス恒例のクリスマス会を終え、ログの年内の行事がすべて終了したところで、ついに体力の限界(?)が来て、ダウンしました。咳が止まらず微熱が続き、寝ても寝てもよくなりません。苦しい咳は耳鼻科に通っても治らず、最後はレントゲンをとってもらって、肺炎状態になっていることが判明! 何種類かの抗生剤でやっとおさまりかけたところで、今度はおなかを壊してしまいました。そのうえ、ログの階段から転げ落ち……(泣)。咳をしすぎたのがたたってぎっくり腰にもなっていたところで転げ落ちたから、どれだけ痛かったか!皆さんおわかり? 約1か月近く続いたこの連続体調不良ですが、1月23日の上センの誕生日にスタッフの皆さんや多くの友人に祝って頂いたのを機に、元気スイッチに切り替わりました。これでもう厄払いは済みました。今年はもう絶対に病気にならない体を目指します。気遣ってくださった皆さん、ありがとう。
2月にはロッタの子供、まるこの誕生日も来ます。まるこが生まれた時も大変でした。早産で3匹生まれたものの、1匹は死産で、残る2匹をロッタと上センで必死に介護しました。寒い日だったので、ロッタがずっとなめて懸命にマッサージ、上センもアンカをいれて温めました。でも、1匹はそれもむなしく助からず、助かったのは1匹だけ。3日目に、ようやくこの子だけはもう大丈夫という状態になりました。それがまるこです。そう、冷えは体のエネルギーを奪うのです。どうぞ皆さんは、食べ物で体の芯を温めることと、外からも温めることで、この冬を元気に乗り切ってください。でも寒かったお陰で必要に迫られ上センはニットソーイングで温かいズボンを3本つくりました。めちゃめちゃ暖かいです。
resize0360.jpg
1月の作品を終えて
墨絵(ジャンル=絵画)
墨と顔彩を使い、今年の干支にちなんで鳥をテーマに描いてみました。質感についての話をしました。低学年の子でも話を聞いて質感についてのイメージがつかめるように伝えました。毛先が丸く太い筆ではくちばしの固さが表現しにくいことも学び、小さい生徒さんもそれを理解してくれました。
そこで、カッターを使って割りばしペンを作りました。固くてとがった先端部に濃くすった墨をつけて描いたら、くちばしの質感がでましたね。低学年もスタッフが手を添えて、刃物の使い方を学びました。ほとんどの生徒さんがカッターナイフで押し出し削りができるようになりました。刃物を正しく扱って、けがをしないようにするにはどうすればいいかも学びましたね。
レギュラークラスは筆で丸く描くことも学び、描いた鳥の作品と、カラーコピー機で加工した作品を作りました。どっちも別々に描いたものですが、カラーコピーで色彩の調整(濃淡)をすることによって、また新しい作品になることも感じてもらえたらと思います。最後に消しゴムハンコをおして、保存をかねてラミネート加工もしました。ランチョンマットにしてしまうのは何だかもったいないくらいです。良かったらお部屋に飾ってくださいね。
2884_墨絵_森波琉果_20170121   2923_墨絵_城台葵_20170126   2959_墨絵_平野朱里_20170128   20170126172145_00002.jpg   20170128175333_00002.jpg   20170128175333_00004.jpg   20170128175333_00005.jpg   かさいしんたろうすみ   かさいはなえすみ   西川あおい   岡田かれん   すぎうらしんたろうすみ
2月の作品予定
ドーナツキャンドル(ジャンル=クラフト)
ヨーコクラフト・クラスの講師、宗田葉子先生の監修のもと、チョコレートドーナツのキャンドルを作ります。袋にいれたら間違えて食べてしまいそうなくらいおいしそうなキャンドルですよ。宗田先生はトモスキャンドルにて5年ほど勉強されています。スタッフは皆、宗田先生から研修をうけましたので、ばっちりです。(レギュラークラス・月1クラス)
resize0351.jpg
なべつかみ ソーイング(ジャンル=クラフト)
上センはソーイング(洋裁)の勉強の為、4本ロックミシンの最新型を買いました。昔のロックミシンと違い糸通しがとっても楽です。やる気もでますね。一人で楽しむのはもったいないと思ったので皆さんにもロックミシンを取り入れた授業をします。デザイン部分は革用の筒ミシンを使い、8番糸で縫います。ロックミシンは60番の糸を使います。ソーイングは工業用ミシンを使います。今回は3台のミシンを体験してレベルアップした、アートな鍋つかみを作ります。
resize0352.jpg

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。また、たくさんの楽しい思い出を皆さんと一緒に作ることができましたことに、心から感謝申しあげます。
本年もログ・アトリエは、ますます皆さんにとって楽しい教室になるよう進んでまいります。昨年のうちにスタッフが勉強してきたことを、今年皆さんのために生かしていこう!と思うとちょっとわくわくして夢が広がります。自分たちが勉強することで、皆さんの役に立ち、喜んでいただける、楽しい思い出も
共有できるって、いいですね。上センもスタッフたちもまだまだ発展途上ですが、そんなふうに思うと日々楽しくて仕方ありません。
今年もやりたいことが山ほどあります。どう順序を踏んですすめたらいいかと、今スタッフたちと交通整理をしているくらい、山ほどあります。
皆さんの人生で、子供時代は一度きり。ログでの体験がそのなかで最高の思い出になることを願って、今年も全力投球するつもりです。

12月の作品を終えて
〇お正月飾り(ジャンル=クラフト)
皆さんが、ログで作ったお正月飾りをおうちに飾って下さったかと思うとちょっと嬉しいです。レギュラークラスは大ぶりの飾り、月一クラスは小ぶりのものを制作しました。粘土で形をとりましたが、意外に立体的なことがわかっていない子も多かったので、いいお勉強にもなりました。絵を描くことばかりしていると、立体についての感覚が養われなくて、弱いのです。立体を知って絵を描くと、絵がぐっとリアルになり、レベルアップにつながりますよ。形を作ったら、膠(にかわ=動物の骨と皮を煮込んで抽出したゼラチンの一種)で練った胡粉(貝殻をすりつぶした白い粉)を塗り、顔彩で色を付けました。アクリル絵の具や水彩絵の具では表現しえない、ほのかな和風の味わいになりました。ログでは、皆さんにいろいろな素材の経験をたくさんして、感覚の中に取り入れてほしいと考えています。
resize0292.jpg   resize0293.jpg   resize0294.jpg   resize0295.jpg   resize0296.jpg   resize0297.jpg   resize0298.jpg   resize0299.jpg
1月の作品予定
墨 絵(ジャンル=絵画)
日本画が専門の西川先生監修のもと、新年の最初は墨絵をしたいと思います。墨は墨汁を使わず、自分で墨をすります。墨をすって心を落ち着かせ、作品制作に向かう心の準備から入ります。集中して美しい線が描けるといいですね。墨の濃淡の出し方を学び、線の太さや勢いなどの表現技法も実際に描いて経験していただきたいと思っています。出来た作品はランチョンマットにして差し上げますので、お食事をしながらアートの鑑賞ができますよ。
レギュラークラスは、さらに刻印もどき(?)もやってみましょう。
消しゴムで印を作り、朱肉で自分の作品に名前を捺してみましょう。
resize0289.jpg

                                  ログ・アトリエ 上田洋子(上セン)

2016年のカレンダーも最後の一枚になってしまいました。あっという間の一年でしたが、思い起こせば5月にクロック展を中華料理店「芳葉」さんで開催できたことをはじめ、ログも上センも充実した年でした。ログ・アトリエ30周年記念パーティー(実際には今年は32周年ですが)も忘れられない出来事です。心をこめてログをサポートして楽しい場所にしてくれる仲間とともにずっと歩んでこれたことへの感謝を込め、ホテルニューオータニ幕張のシェルハウスで思い出に残るパーティーを開くことができました。10月の親子教室、今年はハロウィーンのお菓子です。半数以上の生徒さんの保護者の方々が参加して下さって、大変うれしかったです。作品の完成の喜びとともに、保護者の皆さまにログの事を少しでも伝えていきたくて、親子教室を開催しています。
私自身のこととしては、今年から革のバッグ制作のほかに、4年前に一時やめていた、酸素バーナーによるガラス制作の再開と、子どもたちの制作の足しになると思って洋裁も始めました。子供の頃は不器用で飲み込みも悪かった私が、針と糸とハサミを使う洋裁をしようとするなんて、それはそれは考えられないほどのチャレンジです。器用で賢い人に比べたら時間がものすごくかかるかもしれませんが、上センはあきらめませんよ。私があきらめない理由は、皆さんがいてくれるからですよ。生徒さんが「ログでいろんなことを習いたい」と思うとヤル気も100倍です。  本当に皆さんから元気を頂いています。1年を通じてほとんど休みはない位です。これからもがんばりつづけますからね。一緒に成長していきましょう。

11月の作品を終えて
〇カレンダー作り(ジャンル=絵画・デザイン)
あらかじめ12か月の入ったカレンダー用紙を使い、2種類の技法で制作しました。① 白い部分にパイロットの「ジューシーペン」で作品作り。アウトラインは細い黒ペン、またはマーカーの太・細です。残りは、② コラージュで作品作りをしました。
①では、同じアウトラインを引くのでも、線の太さで作品の表情が変わります。その違いを感覚の中に取り入れてほしいと思います。②のコラージュは切り貼りでの構成です。あらかじめキレイな紙や面白い紙をこちらで用意しましたが、今後、皆さんも一見不要に見える紙の中から「素敵だな、おもしろいな」と思うところを選び出す、そんなセンスを身につけて頂けたらと思います。そうすれば、世界はもっともっと面白くなっていくでしょう。
月1クラスは木炭デッサンでした。木炭はすばやく面を描けるという特徴があるので、1回のレッスンでも十分に制作ができます。パンで消すことや、フィキサチーフで定着させることも学びました。
resize0274.jpg   resize0280.jpg   resize0279.jpg   resize0271.jpg   resize0273.jpg   resize0275.jpg   resize0277.jpg   resize0278.jpg

12月の作品予定
〇お正月飾り(ジャンル=クラフト)
レギュラークラスも月1クラスも、藁を土台にしたお正月飾りを作ります。材料は、のびの良いクレイ粘土に日本画画材の胡粉を使用して、ほのかに和の味を出していきたいと思います。
resize0276.jpg

クリスマス会
2016年12月23日(金)1:00~4:00
会場:ログ・ルーム
はずれなし!ビンゴ大会!
お菓子とジュース付!
出欠のお返事は必ず提出してください。


おしらせ
冬のONE DAY教室

〇マフラ―を編んでみよう
日時:12月21日(水)・24(土)・26(月)
    10:00~12:00 
講習費:お一人一回 1,000円 材料費別途・持ち込み可
(何度参加してもOKです)
講 師:佐藤 なほこ 

〇新春書き初め(小学生対象)
日時:1月4日(水)
①9:30~12:00②13:00~15:30(各2時間半)
講習費:お一人 2,500円
講 師:吉田 啓光
※詳しくはお問い合わせください

お鍋の美味しい季節になりましたね。寒暖の差が大きいためか、体調を崩している大人の方や、かぜをひいてしまっている子供たちが目立ちます。のどの痛みの多くはバイ菌によるものだと何かのCMで見て、上センは最近ではイソジンを入れてマメにうがいをするようにしています。風邪やインフルエンザは、うがいと手洗いをちゃんとして、しっかり栄養をとり、良く寝て、予防するのが一番だと思う上センです。
resize0251.jpg
10月の作品を終えて
〇親子教室 (ジャンル=お菓子)
今年の親子教室は、ハロウィーンにちなんだかわいいかぼちゃのお菓子とミイラのお菓子をサンプルを参考にして作りました。自分の知らないテクニックを学ぶ勉強になったはずです。でも、全く違うお菓子を気ままに面白く作った自由人もいて、爆笑でした。出来上がった作品は、食べてしまうのがもったいないくらいかわいかったですね。一生懸命作った後は、山形からお取り寄せした蔵王アイスをみんなで食べました。濃厚でとってもおいしいアイスクリームでした。(レギュラー・月1クラス)
resize0261.jpg   resize0256.jpg   P1100600.jpg   P1100695.jpg   P1100718.jpg   P1100735.jpg   P1100754.jpg   resize0262.jpg   resize0263.jpg   resize0259.jpg
〇木炭デッサン (ジャンル=絵画)
初めての木炭デッサン!! 炭で描いた感覚も皆さんの新しい経験として取り入れてもらえたかな。木炭はあっという間に広い面積を塗ることができますが、ひじや手のひらがつくとこれもあっという間にとれてしまいます。だから、こすらないように腕を持ちあげて描くという、これまでやったことのないテクニックを学びましたね。木炭画は黒の濃淡だけですべてを表現するので、モチーフのそれぞれの色を黒の濃淡に置き換える目も養えたと思います。皆さんにそれをどう伝えたらよいかと考えて、わかりやすいように音の大きさや番号にたとえて説明しました。「No.1は一番濃い色、No.2は中間、No.3は一番薄い色」とか、「一番濃いところは最大の音、2番目に濃いところは中くらいの音、3番目は一番小さい音」などのたとえで理解してもらいました。そう、グラデーションは基本なのです。デッサンに関しては、真剣に学ぼうという姿勢が必要で、そこを乗り越えなくては上達しません。もっともっと上達していきたい方はぜひ西川先生か岩谷先生のクラスで腕を磨いて下さい。レギュラークラスがおすすめですが、月1クラスもあります。子供クラスに通いながら、別に月1回のデッサンを受講している生徒さんもいらっしゃいます。
resize0239.jpg   resize0240.jpg   resize0241.jpg   resize0246.jpg   resize0247.jpg   resize0248.jpg   resize0250.jpg   resize0264.jpg   resize0265.jpg
11月の作品予定
〇カレンダー作り (ジャンル=絵画・デザイン)
レギュラークラスは2017年のカレンダーを作ります。1年間を6枚のカレンダーにします。コラージュやマーカー、さらにパイロットから新発売されたペンを使います。この新製品はポスターカラーのようにマットにも描けますが、ポスターカラーペンとちがってぼたぼたしないですぐ乾きます。
gazai 2   カレンダーの画像
はい! 上センが求めていた画材です。新画材での制作に是非チャレンジしてみてください。3回のレッスンで、表紙を含めて全部で7枚描きます。月1クラスは木炭デッサンです。

                           ログ・アトリエ代表 上田洋子(上セン)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。